おいしいお米とは、どんなお米でしょう?
おいしいお米(ごはん)のポイント
一般的に言われている、おいしいお米(ごはん)の条件は、

つやがあり、ふっくらしている

粒が揃っていて、食感が良い

ごはん特有の香りや、口中に広がる淡い甘さがある

粘りがあり、ごはん粒同士がくっついている

硬すぎず軟らかすぎず、適度に口中でほぐれる

等があげられます。

おいしさを左右する保存環境と精米加工

お米の保存環境は、気温15℃湿度65~70%がベストだとされ、気温15℃以下で冬眠状態となり、食味の低下を防ぎます。
精米加工は、お米に圧力がかかり、摩擦で熱を持つため、お米が割れたり、水分が飛んでしまうことがあります。
それを防ぐために、お米に無理な圧力がかからない低温精米の技術が必要となります。

コシヒカリを親として誕生したブランド米「あきたこまち」

味と香りが良いとされている「コシヒカリ」と、病気と寒さに強い「奥羽292号」を交配し、昭和59年に誕生しました。秋田県の推奨品種に採用され、小野小町生誕伝説にちなみ、「あきたこまち」と命名されました。ツヤツヤもちもち、冷めてもおいしい風味と食感のあきたこまちは、アミロペクチンやアミロースといったデンプン質がバランスよく含まれているため、冷めてもごはんが硬くなりにくく、おいしさが長持ちします。

コシヒカリを親として誕生したブランド米「あきたこまち」

大潟村は、かつて日本で2番目に大きな湖だった八郎潟を干拓して誕生しました。
干拓により湖底から誕生した新生の大地は蓄積された魚介類や海藻類が生んだミネラルを豊富に含んでいます。
周囲82kmの広大な大地は、ミネラル豊富な土壌、周囲を囲む、日本海からの、燦々とふりそそぐ夏の太陽にも恵まれています。
そんな大潟村の自然は、あきたこまちに豊かな風味を与え、良質なおいしさを生み出します。

 

※ 送料等、ショッピングご利用に関しての情報は利用案内をご覧ください。

  • ご注文はこちらから
  
あきたこまち
白米 胚芽米 玄米 もち米
発芽玄米
奇跡の早稲田米物語り
パックごはん・おこわ・
おかゆ・スープ
グルテンフリー食品
グルテンフリーパスタ グルテンフリーカレー・
シチュー・パスタソース
米粉
非常食
白神山水


  • Facebook
  • Twitter
	カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31