水の管理と稲の生長を確認

草取りと草刈り

草取り&草刈り

6月になると小さかった稲も日増しに大きく生長します。
同じく稲に負けじと畦道や田んぼの中の雑草たちも一斉に伸びてきます。
雑草と一口で言ってもヨシ・ダイオウ・タンポポ・ヒエ・ガマ・ウキヤガラ・ マツバエ・
ヒルムツロ等この他にも名前のわからない雑草が何十種類とあり、それらを横目にしながら
黙々と草取りと草刈りを繰り返します。

この時期稲は、たくさんの雑草や害虫たちに悩まされながらも、6月いっぱいは
自分の身体づくりのために、土の中にたくさんの根を伸ばします。
この根の伸び具合が今後の稲の健康度を決めることとなるのです。

水の管理

水の管理

6月の下旬までは毎日2回、田んぼの水の管理をします。田んぼは1周ぐるりとまわると、
約2時間かかりますが、どんなに忙しくても朝夕の見回りは欠かせません。
朝と夕方で稲の大きさが変わっているわけではないのですが、こうして一日も
欠かさずに見回っていると稲が何を欲しがっているのかが分かるようになってきます。

  • ご注文はこちらから
  • 秋田県大潟村あきたこまち
  • 美容や毎日の健康が気になる方のグルテンフリー食品
  • 家庭用非常食(3日分セット)
  • Facebook
  • Twitter
  • Ustream
  • YouTube


	カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 19 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30