come lab スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 楽園の住民

2021.7.24
大潟村季節
楽園の住民

「犬派」か「猫派」か?という議論がたびたび起こります。唐突ですが。

 

私は疑問を持っています。

忘れてはいませんか。「鳥派」の存在を。

 

ここ大潟村は『野鳥の楽園』といわれるようにいろいろな野鳥を目にします。通勤中もその楽園ぶりは例外ではありません。

 

とくに路肩にヌーッと棒立ちする鷺は一見の価値ありです。

なにもかもを達観したようないい顔をしています。悩みを打ち明ければたちまちいいヒントをくれそうです。

 

猛禽類とカラスがずいぶん近しい、不思議な光景を目撃しました。

画像は黄昏時のカラス(手前)と鳶()です。

 

言うほど近くないのですが、これは撮影しようとカメラを向けたところ距離を取ってしまったためです。

 

なにか撮られると不都合なことがあったのでしょうか…。何も語ってはくれませんでした。

私のジャーナリズムが足りなかったか。

 

こうして身近な住民たちに目を向けることも私のような「鳥派」をひろめる近道になりそうです。

 

アレルギー課 佐々木

カテゴリー

検索フォーム

年間アーカイブ